Season2 #03広島県・尾道編(前編)

今回の旅の舞台は、ノスタルジックな光景が広がる、広島県・尾道。
近畿と九州、山陰と四国を結ぶ「瀬戸内の十字路」として室町時代より繁栄し、
レトロな商店街、坂道、猫など、風光明媚な港町として、多くの映画やアニメ、ゲーム等の舞台にもなっています。
長濱さんも「とてもカルチャー色の強い街」という印象があり、
訪れるのを楽しみにしていたというこの街で、文化と出会う音楽の旅に出かけます。

最初に訪れたのは、 尾道市街から千光寺へと続く細い階段道、”千光寺通” 。
『天寧寺三重塔』から見える、尾道の街並みと瀬戸内海の景色は、
「THE・尾道」と長濱さんも納得の絶景。
「ワクワクしますね!どこに繋がっているんだろう?」と話しながら、細い路地を散策した長濱さんは、
市街地をまっすぐ見下ろすことが出来て、尾道三部作の一つ、映画『転校生』のロケ地でも有名な“千光寺新道”へ。
そこでは、のんびりお昼寝をしていた猫さんにも遭遇。

ここで、長濱さんがセレクトした楽曲「Neru's recommend」をご紹介。

♪ 猫になりたい / スピッツ
長濱「実際に尾道を歩いてみて、猫がモチーフになっているお店や看板、
そして実際に猫にたくさん会い、「猫の街」という印象が強くなり、尾道で是非聴きたいと思いました。」

♪ Summer Soul / cero
長濱「少し脱力した感じが、尾道のレトロな街並みと新しい文化が融合し、
古いものも新しく聴こえるような雰囲気がとても合っている曲です。」

続いて訪れたのは、レトロな建物が並ぶ商店街と海沿いの港町。
商店街を歩いていて目に入ったのは、可愛いデザインに「ゆ」と書かれたのれんが掛かった「大和湯」という建物。
「銭湯みたいですね」と気になって入ったその建物の中は、なんと小籠包を中心とした中華料理店。
このお店は 100 年以上前からある銭湯をリノベーションしたそうです。

そして、港町で立ち寄ったのは日本初のサイクリスト向けに特化した複合商業施設「ONOMICHI U2」。
こちらも「大和湯」同様に、戦時中に建てられた海沿いの海運倉庫を時代に合わせてリノベーションし、古き良きレトロな雰囲気を残していました。
このように古くから残っているものを、新しい時代に引き継ぎ融合させていこうとする姿にも、尾道の魅力を感じた様子の長濱さん。

ここで、再び「Neru's recommend」
♪ Let's Move To The Country / Smog
長濱「この楽曲の穏やかな感じが、尾道の街を歩いてみて、
一人で散歩しながら聴きたいなと思って選んだ曲です。」

♪ Wait / JP Cooper
長濱「明るくてワクワクするような音楽で、細い路地を歩いた先に何が待っているんだろうというワクワク感や、
街に並ぶ古い建物の中には何があるんだろうという期待感がある、尾道の街並みとマッチしていると感じ選んだ曲。」

そして、尾道が夕日に染まり始めた頃に向かったのは、
長濱さんが「ずっと来たかった」と言っていた場所、古本屋「弐拾dB」。
実はこのお店、前回の下北沢編で訪れた本屋のアンテナショップ「BOOKSHOP TRAVELLER」で、
長濱さんが見つけて購入した本、『頁をめくる音で息をする』の著者が店主として営んでいる古本屋だったのです。

長濱「legato を通じて出会った縁なので、尾道に来たからには是非行きたいなと思ってました。」

古き良き時代と、新しい時代の文化が共存し、次の世代へと受け継がれている尾道。
そんな尾道の文化に触れ、どこか懐かしいタイムスリップしたような不思議な感覚を体感した旅は7月のlegatoに続きます。

Play list

プレイリスト